JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
REVELATION DIRECTIVE

REVELATION DIRECTIVE「緊急号外」

昨日公開した「REVELATION DIRECTIVE」で触れた京都記念にて当会本命予定馬クラージュゲリエ号がザ石にて出走を取り消しました。

出来自体非常に良かっただけに、ザ石というアクシデントに見舞われてしまったことは非常に残念でございます。

その上で京都記念の提供を行うか否かに関してですが、楽しみにされていらっしゃるメンバー様も多く、「参考程度でも構わないから提供して欲しい」とおっしゃられる声も多かったのですが、一頭の有力馬が回避するという事は、レース自体「別物」となってしまう恐れがございますので、非常に残念ではございますが、京都記念の提供は見送らせて頂きますので、悪しからずご了承下さい。

また、同じく昨日公開した「REVELATION DIRECTIVE」にて馬名を明かした上でその背景をお伝えしていた東京3レースのリアンフィーユですが、ある意味では「最悪」とも言える1枠1番枠を引いてしまいました。

「内枠でも1枠以外の偶数番であれば」

との条件でございましたが、まさかの1枠1番。
能力的にはこの枠でも勝利しておかしくないだけのモノを持っていますが、出遅れ癖よりも「他馬を怖がる面」がどこまで影響を及ぼすか?という意味で、この枠は考え得る最悪の枠。レース中に様々な判断が行われるのが競馬のレースでございます。リアンフィーユ自体もまだまだ将来のある馬。展開や位置どり次第では、「今後に悪影響を残さない為にレースを捨てる」という判断が行われるケースも想定されます。

これが全く人気の無い馬であれば「期待値的」にも提供する判断が下されるケースも御座いますが、現状の想定人気なども踏まえますと、無理をしてまで提供するような状況では無いと判断しました。

競馬はこの先も続きますし、プライベート情報もこの先も枯渇する事はありません。

つきましては明日の東京3レースも提供を取りやめ、日曜日の競馬に関しては

当初予定していた

東京3レース
京都記念
バレンタインS
共同通信杯

の中から、バレンタインSと共同通信杯の2本の提供とさせて頂きます。

勝負本数的には少なくなってはしまいましたが、来週はフェブラリーS週であり、ここで無理をしなくとも来週もさらに楽しめる競馬がございます。

明日我慢して頂く分は、来週発散していただけると存じますので、くれぐれも無駄な馬券購入はお控えください。

緊急号外は以上となります。

JTTC-日本競走馬育成評議会
プライベートサロン統括本部長
松井彰二