JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
今週の注目重賞

今週の注目重賞【紫苑S】

◆紫苑Sの<概要> 2020年9月12日(土)に中山競馬場で行われる第5回「紫苑S」。 2000年に牝馬によるオープン特別の秋華賞トライアル(2着馬まで優先出走権)として創設された後、2016年にGIIIに格上げされて、3着馬までに優先出走権が与えられるようになった。GIIIに格上げされてから今年で5回目となる。 GIII格上げ後は、牝馬路線においては屈指の出世レースに変貌し、出走馬の質も格段に向上したところは見逃せない。 2016年 1着ビッシュ 2着ヴィブロス 3着フロンテアクイーン 2017年 1着ディアドラ 2着カリビアンゴールド 3着ポールヴァンドル 2018年 1着ノームコア 2着マウレア 3着ランドネ 2019年 1着パッシングスルー 2着フェアリーポルカ 3着カレンブーケドール 2016年のGIII昇格1年目には、2着馬ヴィブロスが次走の秋華賞でGIホースとなっただけでなく、ドバイターフを優勝。3着馬フロンテアクイーンは後に中山牝馬Sを優勝している。 2017年の勝ち馬ディアドラは秋華賞を優勝。海外GIナッソーSも制するなど、国内外で実績を積み重ね、今秋は凱旋門賞に向かう予定。 2018年に優勝したノームコアは、ヴィクトリアマイルでGIタイトルを獲得。今夏には牡馬を相手に札幌記念を快勝。 昨年2019年3着馬のカレンブーケドールは、秋華賞2着、ジャパンカップ2着とGIで好走を積み重ねた。 GIIIに昇格させたことで、それまではローズSが秋華賞に向けた前哨戦としては王道であったが、近年は育成技術の向上により、直行するケースや、紫苑Sを経由して戴冠を狙う馬もでてきているように、3歳牝馬の強化戦略は選択肢が増えている。 春の二冠馬デアリングタクトが、秋華賞直行を表明しているが、秋華賞出走は勿論のこと、その後の活躍も占う一戦となる紫苑Sには、今年も注目いただきたい。 ※当会の情報を閲覧するためには、まずは無料メンバー登録をお済ませください。 <無料メンバー特典> <新規登録はコチラ> ◆紫苑Sの<データ傾向> 2010年から2019年までの過去10年が対象 【人気傾向】 ・1番人気   [3-1-2-4] 勝率30.0% 連対率40.0% 複勝率60.0% ・2番人気   [3-1-0-6] 勝率30.0% 連対率40.0% 複勝率40.0% ・3番人気   [0-1-0-9] 勝率0.0%  連対率10.0% 複勝率10.0% ・4番人気   [1-2-1-6] 勝率10.0% 連対率30.0% 複勝率40.0% ・5番人気   [0-1-2-7] 勝率0.0%  連対率10.0% 複勝率30.0% ・6~10番人気 [2-4-4-40] 勝率4.0%  連対率12.0% 複勝率20.0% ・11番人気以降[1-0-1-59] 勝率1.6%  連対率1.6%  複勝率3.2% 【脚質傾向】 ・逃げ    [1-0-1-8] 勝率10.0% 連対率10.0% 複勝率20.0% ・先行    [2-2-3-29] 勝率5.8%  連対率11.1% 複勝率19.4% ・差し    [7-8-5-52] 勝率9.7%  連対率20.8% 複勝率27.7% ・追込    [0-0-1-42] 勝率0.0%  連対率0.0%  複勝率2.3% 【枠順傾向】 ・1枠    [0-3-2-11]勝率0.0%  連対率18.8% 複勝率31.3% ・2枠    [0-0-0-19]勝率0.0%  連対率0.0%  複勝率0.0% ・3枠    [1-1-1-17]勝率5.0%  連対率10.0% 複勝率15.0% ・4枠    [1-1-2-16]勝率5.0%  連対率10.0% 複勝率20.0% ・5枠    [2-2-0-15]勝率10.5% 連対率21.1% 複勝率21.1% ・6枠    [1-1-3-15]勝率5.0%  連対率10.0% 複勝率25.0% ・7枠    [2-2-1-18]勝率8.7%  連対率17.4% 複勝率21.7% ・8枠    [3-0-1-20]勝率12.5% 連対率12.5% 複勝率16.7% ---------------------------- JTTCを徹底的に知り尽くせ! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ JTTCとは? 無料で情報が手に入る「プライベートギフト」 ---------------------------- <本年の注目出走予定馬> ・ウインマイティー ・ショウナンハレルヤ ・スカイグルーヴ ・ホウオウピースフル ※当会の情報を閲覧するためには、まずは無料会員登録をお済ませください。 <無料メンバー特典> <新規登録はコチラ>