JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
今週の注目重賞

今週の注目重賞【毎日王冠】

◆毎日王冠の<概要> 2020年10月11日(日)に東京競馬場で行われる第71回「毎日王冠」。 東京開催の開幕週に芝1800mで行われる一戦で、1着馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられる。中2週で行われる「天皇賞・秋」、もしくは11月に行われる「マイルCS」へのステップレースという位置づけで臨む陣営も少なくない。 過去10年の勝ち馬は、 2010年 アリゼオ(牡3) 2011年 ダークシャドウ(牡4) 2012年 カレンブラックヒル(牡3) 2013年 エイシンフラッシュ(牡6) 2014年 エアソミュール(牡5) 2015年 エイシンヒカリ(牡4) 2016年 ルージュバック(牝5) 2017年 リアルスティール(牡5) 2018年 アエロリット(牝4) 2019年 ダノンキングリー(牡3) このような面々となっており、春のクラシックで活躍した3歳牡馬や、3歳時にマイルGIやクラシック戦線で活躍していた実力馬が好走するケースが目立っている。 なお、注目すべきは毎日王冠で負けた馬の次走。 2019年 3着インディチャンプ(→マイルCS優勝) 2018年 2着ステルヴィオ(→マイルCS優勝) 2014年 3着スピルバーグ(→天皇賞秋優勝) 2013年 2着ジャスタウェイ(→天皇賞秋優勝) 2012年 9着エイシンフラッシュ(→天皇賞秋優勝) このような歴史を紐解けばわかるように、毎日王冠の本質は「叩き台」であるのだ。 「毎日王冠を勝ちに行く馬」 「その後のGIを見据えて臨む馬」 2013年の6歳時のエイシンフラッシュ以外の勝ち馬は、その後のGIで善戦していても勝利には至っていないというのがポイント。 紛れが生じにくい東京芝1800mの一戦とはいえ、毎日王冠を勝つためには、能力だけではない「プラスα」が必要となる。 その「プラスα」のファクターが決め手になるともいえる毎日王冠に、今年も注目いただきたい。 ※当会の情報を閲覧するためには、まずは無料メンバー登録をお済ませください。 <無料メンバー特典> <新規登録はコチラ> ◆毎日王冠の<データ傾向> 2010年から2019年までの過去10年が対象 【人気傾向】 ・1番人気   [6-0-0-4] 勝率60.0% 連対率60.0% 複勝率60.0% ・2番人気   [0-2-0-8] 勝率0.0%  連対率20.0% 複勝率20.0% ・3番人気   [1-2-1-6] 勝率10.0% 連対率30.0% 複勝率40.0% ・4番人気   [1-1-1-7] 勝率10.0% 連対率20.0% 複勝率30.0% ・5番人気   [0-1-3-6] 勝率0.0%  連対率10.0% 複勝率40.0% ・6~10番人気 [2-2-4-42] 勝率4.0%  連対率8.0%  複勝率16.0% ・11番人気以降[0-2-1-20] 勝率0.0%  連対率8.6%  複勝率13.0% 【脚質傾向】 ・逃げ    [2-2-1-5] 勝率20.0% 連対率40.0% 複勝率50.0% ・先行    [2-2-2-27] 勝率6.1%  連対率12.1% 複勝率18.2% ・差し    [3-5-4-32] 勝率6.8%  連対率18.2% 複勝率27.3% ・追込    [3-1-3-29] 勝率8.3%  連対率11.1% 複勝率19.4% 【枠順傾向】 ・1枠    [0-0-3-8] 勝率0.0%  連対率0.0%  複勝率27.3% ・2枠    [2-0-0-10]勝率16.7% 連対率16.7% 複勝率16.7% ・3枠    [0-2-0-10]勝率0.0%  連対率16.7% 複勝率16.7% ・4枠    [1-4-2-7] 勝率7.1%  連対率35.7% 複勝率50.0% ・5枠    [0-0-2-14]勝率0.0%  連対率0.0%  複勝率12.5% ・6枠    [3-2-2-11]勝率16.7% 連対率27.8% 複勝率38.9% ・7枠    [2-0-0-18]勝率10.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% ・8枠    [2-2-1-15]勝率10.0% 連対率20.0% 複勝率25.0% ---------------------------- JTTCを徹底的に知り尽くせ! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ JTTCとは? 無料で情報が手に入る「プライベートギフト」 ---------------------------- <本年の注目出走予定馬> ・サリオス ・サトノインプレッサ ・ザダル ・ダイワキャグニー ※当会の情報を閲覧するためには、まずは無料会員登録をお済ませください。 <無料メンバー特典> <新規登録はコチラ>