JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
プライベートギフト

10月3日(日)中山11R スプリンターズS

■■プライベートギフト■■ 中山11R スプリンターズS 15時40分発走 芝1200m/16頭 <評価順> ◎14 ダノンスマッシュ ○9 クリノガウディ ▲11 ジャンダルム ☆4 ピクシーナイト ☆12 レシステンシア 注6 メイケイエール △1 シヴァージ △16 モズスーパーフレア △7 タイセイビジョン <◎の見解> 中山芝1200mを舞台に行われる秋のGI戦線幕開けの一戦となるスプリンターズS。 当会が本命に指名するのは栗東・安田隆厩舎の管理馬にあたる◎ダノンスマッシュ。 ダノンスマッシュ(牡6歳) 父:ロードカナロア 母:スピニングワイルドキャット 馬主:ダノックス 生産牧場:ケイアイファーム 結論から言えば遂に「完成の域」に達してきたと言えるダノンスマッシュ。 元々、連続しては使えない部分があった事でローテーションに悩みを抱える事が多かった同馬だが、春の高松宮記念にて「ぶっつけローテ」を確立した事がこの馬にとって最大の効果だったと言える。 ぶっつけローテに至る追い切りは春の内容とほぼ同一。 4週前はほぐすようにじっくり乗り込み、3週前に55秒を切る時計。 2週前→1週前はハードに追って、最終週は感触を確かめながらの微調整を行うパターンでしっかり結果を出したのが高松宮記念。そもそも良馬場馬ベストと言われていた馬であり、宮記念の様な馬場での競馬は得意としていなかったにも関わらず、勝ち切ってみせたところが成長の証。そこから、香港への遠征は調整の失敗と発馬の悪さが同時に出てしまい6着に敗退。 そこから5か月半をあけた今回は、レースへの過程こそ同じであるが、その「強度」が一段上がっている事が追い切りから見て取れる。 例のごとく、3週前に坂路で53秒台の時計から動かし始め、その後51秒台、50秒台と2週前・1週前で抜群の動きを披露する。 最終週こそ、54秒フラットの時計で派手さはないが、これも前述した通り高松宮記念の時のパターンを踏襲している。 こう書けば一見「強度はどこで上げたんだ?」というご意見も出てきそうだが、いわゆる水木の追い日ではない【日曜追い】にあたる中間の時計が、高松宮記念の際よりも「1秒近く速い」のが今回である。 グランアレグリアがいなければ2020秋、2021春、の連覇が出来ていたと言っても過言ではない。 昨年末取り逃したスプリンターズSの栄冠を取りに、盤石の体制で臨んで来た。 残すは、この馬の最大の課題である「ゲート」。 川田騎手も公言するように、発馬が決してうまい方ではない。 がしかし、リフレッシュ後緒戦ではテンションも維持できるケースも多く、そこは川田騎手にしても細心の注意を払ってゲートに向かう事こそが、スプリンターズSでの栄冠奪取の最重要POINTであることは分かっている。 その上で、外枠の偶数番は絶好の枠が引けたともいえ、あとは人馬一体息の合った発馬を切ることができれば、結果は自ずとついてくるだけのデキにある。春秋連覇を果たしてほしい所である。