JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
プライベートギフト

2月13日(日)東京8R 4歳上2勝クラス

■■プライベートギフト■■ 東京8R 4歳上2勝クラス 14時00分発走 芝1600m/16頭 <評価順> ◎7 イズシーンラブリー ○1 ジュンブルースカイ ▲3 アヴェラーレ ☆11 アオイシンゴ △5 スリートップキズナ △14 チアチアクラシカ △12 ラキャラントシス <◎の見解> 東京芝1600mを舞台に行われる4歳上2勝クラスの一戦。 当会が本命に指名するのは美浦・加藤征弘厩舎の管理馬にあたる◎イズンシーラブリー。 ◎イズンシーラブリー(牝4歳) 父:ディープインパクト 母:ブルーミンバー 馬主:諸江幸祐 生産牧場:社台ファーム ちょうど1年前、3歳未勝利を勝ち上がった直後に挑戦したクイーンCでは勝ち馬から0.2秒差。返す刀でフラワーCで重賞制覇を狙うも0.3秒差の4着と、残念ながら春の大舞台に立つことは叶わなかった。 とはいえ、その能力も厩舎サイドはもちろん、騎乗してきたジョッキーたちも認めるところで、2走前に初めて手綱を取った横山武騎手も長く使える末脚を絶賛したほど。前走は小回りの中山で伸びあぐねたものの、 「やっぱりベストは東京マイル。この条件なら落とせないでしょう」 と星勘定に入れるほどの自信を覗かせる1頭だ。中間は一旦、外厩に出されて調整し直したところ、まず1週前にウッドで長めからビッシリ追われ6ハロンで80.4秒。5ハロンからは65.5秒-12.2秒と豪快なキレを披露している。それもあって当週は軽く流した程度にとどめたが、ラスト1ハロンで12.4秒の好時計をマーク。 管理する加藤征調教師も強気一辺倒で、 「前走は思いの外、体が減っていたけど今回は精神的にも落ち着いてきたからかカイ食いも戻ってきた。2走前と同じだけ走れば、このクラスでも勝ち負けだよ」 このまま順調にいけば重賞、あるいはGIも見えてくるとあって確勝を期す一戦。過去2度の騎乗で手の内に入れた横山武騎手が、その口火を切るキッカケになる競馬を見せてくれるはずだ。