JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
プライベートギフト

1月23日(土)中京4R 3歳1勝クラス

■■プライベートギフト■■ 中京4R 3歳1勝クラス 11時30分発走 ダート1200m/11頭 ----------------------------- プライベートランク:☆ ----------------------------- <評価順> ◎5 ヨッシーフェイス ○3 ミスズグランドオー ▲11 ワイズマンハート ☆6 ジェットエンブレム △8 アルナージ △7 スギノマジェスティ <◎の見解> 中京ダート1200mを舞台に行われる3歳1勝クラスの一戦。 当会が本命に指名するのは、栗東・寺島厩舎の管理馬にあたる◎ヨッシーフェイス。 ◎ヨッシーフェイス(牡3歳) 父:サウスヴィグラス 母:ホワイトカーニバル 馬主:STレーシング 生産牧場:グランド牧場 半姉にチャンピオンズカップ勝ちなどダートの第一線で活躍したサンビスタを持ち、入厩当初から力強い動きを披露。陣営も先々まで楽しみにする1頭である。 デビュー戦は僅差でデュアリストの後塵を拝す形となったものの、そのデュアリストが三連勝で交流重賞を制したことで、むしろ厩舎サイドの◎ヨッシーフェイスに対する評価は上昇一途。「負けて強し」「1勝クラスにとどまっていてもらっては困る馬」と強気の姿勢を崩さない。 中山へ遠征した前走は8着と敗れたが「テンが芝スタートだと行き脚が思ったほどつかなかった。それに中1週でこっちが半分除外を覚悟しての調整になったから…」と陣営は敗因を明言。 得てして、馬そのものに敗因を求める厩舎も多い中、「調整過程の難」という人的要因を明言してくるあたりは◎ヨッシーフェイスへの期待の高さ、寺島厩舎全体の上昇志向の高さが窺える。 巻き返しに向けても「今回はCWと坂路を併用してしっかりやれてるよ。中京ならダートスタートだから問題なく加速がつくだろうし、雨予報もいいよ。馬場が軽くなればスピードが断然活きるから。」と天候までも味方に手応え十分。 一昨年、昨年と年間30勝超えを達成し、名実ともに一流トレーナーへの階段を昇りはじめた寺島調教師。 本年初勝利、そして平地通算100勝がかかるここに◎ヨッシーフェイスをぶつける意図は想像に難くないはずだ。