JTTC | 日本競走馬育成評議会公式サイト

ログイン 新規登録
プライベートギフト

4月25日(日)東京7R 4歳上1勝クラス

■■プライベートギフト■■ 東京7R 4歳上1勝クラス 13時30分発走 ダート1600m/10頭 ----------------------------- プライベートランク:☆ ----------------------------- <評価順> ◎7 ジェロボーム ○6 シャーレ ▲2 エレガントチャーム ☆10 アサクサマヤ <◎の見解> 東京ダート1600mで行われる4歳以上1勝クラスの一戦。 当会が本命に指名するのは美浦・古賀厩舎の管理馬にあたる◎ジェロボーム。 ◎ジェロボーム(牝4歳) 父:アイルハヴアナザー 母:ワイメアビーチ 馬主:長谷川 祐司 生産牧場:チャンピオンズファーム 芝の新馬7着、未勝利戦で3着。 芝でも十分勝ちあがれるイメージがあった中で、迷うことなきダート戦線へのシフト。これが奏功してダートでの12走、未だ掲示板を外したのは2回だけ、と安定した走りを見せる◎ジェロボーム。 とはいえ昇級後は相手なりの善戦というレースつづきだったわけだが、そんな中、同クラスへのメドを立てたのが前走である。 着用したクロス鼻革の効果が大きかったようだが、もともと能力が高いにもかかわらず、先頭に立とうとしない、典型的なソラを使うタイプのこの馬に矯正馬具がピタリとハマった形。 今回も引き続いての装着で、陣営もあと一押しに期待を寄せるが、未勝利勝ちの東京ダート1600mに狙いを定めた盤石のローテ。さらに有利な外枠引きに陣営の色気も増す一方である。 ここは強力な先行馬も少なく、先行脚質の同馬にとって展開利も見込めるメンバー構成。 近3走で馬券になった、有力馬2騎が差し脚質で、この点で一歩リードできたのものおあつらえ向き。 主戦として手綱を取り続ける中、同馬唯一の勝利をスポットのルメール騎手にもっていかれ悔しい思いをした鞍上としてもこのチャンスを逃すつもりはない様子。 最後の直線、三浦騎手の鬼気迫る騎乗にも注目したい一戦だ。